オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
かゆい

従来から皮膚科などで行われているアトピー治療の多くは、ステロイド剤などの外用薬を使用し、皮ふの炎症を抑えるというものが一般的でした。
しかし、その外用薬の使用を中止することによって、症状が繰り返されるというデメリットがありました。
また、ステロイド剤を使用し続けることによって、効き目が悪くなるということも考えられます。
そこで、最近の皮膚科では、アトピー性皮膚炎を治すとともに体質を改善し、綺麗な皮ふにするということを目的として治療を進めていきます。
その方法としては、筋・骨格治療と栄養療法を組み合わせる事により、身体が本来持つ自然治癒力を取り戻すことによって正常な皮ふを作り出すことが出来る身体を手に入れるということに重点を置いています。
ステロイド剤を使用しても痒みが治まらない、症状が改善されないという場合には、アトピーを専門的に診察・治療を行っている病院を訪れてみると良いでしょう。
一人ひとりの症状に合わせた治療が行われつつあります。

納得のいくまで相談を

アトピー性皮膚炎は、症状が長期間続いているケースがほとんどで治療も同様の期間が必要なタイプの疾患です。
まず受診する医療機関は皮膚科になります。
治療にあたって、まずは炎症を起こして熱を持っている皮膚をおちつかせる事と身体の中から炎症の原因となっている物を鎮める必要があります。
皮膚科で処方されるのは皮膚にあたえる刺激をやわらげ落ち着かせる外用薬、つまりつけ薬と内服薬つまり飲み薬の両方になります。
内服薬を服用することで外用薬の効果をさらにあげる事になります。
処方された薬の効き目がどのようにあらわれるのかをみる為に若干の時間をかけます。
1カ月から2カ月程度たってから、薬の効き目の表れ方をみて同じ状態での治療の継続をするのか薬や治療方法の変更をするかを決めていきます。
アトピーの他にアレルギーの心配がある場合はアレルギーの検査を同時に依頼する事が出来ます。
皮膚の治療も行う事が出来るアレルギーの専門医の場合は、皮膚科からそちらに医療機関を変更するのもひとつの方法です。
いずれにしてもアトピーの治療は原因になる物を周囲から遠ざける事、身体に出てくる症状を軽い状態でとめる事がとても大切です。
後々には症状がほとんどでない位に体調を安定させる事が最も好ましい事なのですが、生活環境そのものをしっかりと管理して、症状の発症のリスクを限りなく減らしてゆくという毎日の努力が必要になります。
アトピーは専門医がまだまだ少ない疾患なので、医療機関と納得のゆくまで話し合って治療をしていきましょう。